病院で治療する~腰部脊柱管狭窄症はプロの手術を~

脊髄の病気の原因

nurse

腰部脊柱管狭窄症は、脊髄が狭くなる病気です。原因はいくつかありますが、生まれつきの人や、加齢による症状ともなります。主な症状には、腰のだるさや違和感、足の痺れをなどがあります。

Read More

手術の費用について

腰痛や足のしびれなどの症状に悩まされる腰部脊柱管狭窄症を治療するなら、コチラのサイトに病院選びのコツなどが書かれてますよ。

腰部脊柱管狭窄症の手術

nurse

腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄神経や馬尾神経の通り道である脊柱管が狭くなる病気です。症状には下肢の疼痛やしびれなどありますが、間欠性跛行と呼ばれる症状は代表的なものとなります。間欠性跛行とは、数歩だけ歩くと下肢症状が現れ、数秒前かがみで休むことで再び歩ける症状です。 間欠性跛行の有無は、手術療法の判断の一つとなります。腰部脊柱管狭窄症の手術には、いくつかの種類が存在しており、除圧と固定との二つの目的に大別されます。 除圧とは、神経の圧迫している場所の骨を削り取り、狭窄部を広める手術となります。除圧にも、いくつかの方法が存在しており、どの骨をどれだけ削るかによって異なるものとなります。 固定とは、腰の骨に金属製のネジを固定する手術となります。腰部脊柱管狭窄症に加え、すべり症や骨を削る事によって不安定性が生じる症例に行われます。 これらの手術は、基本的に症状や患者の状態によって決定されるものとなります。また、医師の判断によって決定されるものである為、医師間における手術方法の異なりが現れるケースもあります。自身が手術を前に十分な理解をする為にも、セカンドピニオンの適応は大切な役割を果たす事もあります。

手術に掛かる費用

腰部脊柱管狭窄症における手術の種類には様々な種類が存在する事を述べました。これによって、手術の費用も当然ながら異なるものとなります。 除圧に関しては様々な種類が存在すると述べましたが、それらを併せて12万円から22万円の手術費用が掛かります。しかし、除圧を行う場所が広ければさらに加算される事もあります。一方、固定の手術においては38万円前後の費用となります。固定の場合には、金属の使用本数や種類によっても費用が大きく加算される場合もあります。腰部脊柱管狭窄症の手術は、保険適応が認められている手術である為、これらの費用を3割負担するものとなります。また、高額療養費用制度によって6割から7割の費用が戻ってくるものとなります。ただし、あくまでも手術費用のみの費用であり、検査や入院に掛かる費用は個人によって大きく異なる場合もあります。

外科的治療の選択

nurse

症状の改善が難しい腰部脊柱管狭窄症の治療では、手術が行なわれることも多いです。この場合には複数の方法から適した手術が選択されることになります。手術では神経への圧迫を取り除くことに目的が置かれるのです。

Read More

最近の低侵襲手術

nurse

腰部脊柱管狭窄症における手術では、内視鏡を用いた手術が行われるようになりました。侵襲や負担の少ない手術が増えた事により、早期リハビリ開始、早期社会復帰に大きく貢献しています。

Read More