病院で治療する~腰部脊柱管狭窄症はプロの手術を~

外科的治療の選択

治療費をご紹介します

nurse

次第に症状が悪化してくることが多い腰部脊柱管狭窄症では、手術が行なわれることも多いです。神経ブロックなど他の治療を用いても根本的な解決にはならないことが多く、最近では早期に手術を試すケースも増えています。腰部脊柱管狭窄症の手術はいくつかの方法で行なわれ、一般的には3割負担で約20万円から30万円ほどの治療費となります。医療機関によっては、腰部脊柱管狭窄症の手術を自由診療で行なっている場合もあり、この場合には費用は約100万円を超えることもあるのです。腰部脊柱管狭窄症は症状や治療費など様々な要素を考慮し、治療法を決定していく必要があります。手術以外の保存的治療が功を成す場合もあるため、医師と相談の上進めていくことが大切です。

神経の圧迫を解消します

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管内部を通る神経が物理的に圧迫されることによって症状が引き起こされる病気です。加齢と共に脊柱管が狭くなり、神経を取り巻く靭帯が肥大してくると、内部をはしる神経に圧迫を加えてしまう訳です。圧迫される部位によって、腰部脊柱管狭窄症では痛みの現れ方が若干変わってきます。手術では圧迫を受けている場所や状態によって複数の方法の中から選択されるのです。例えば、椎弓を部分的に除去する方法がポピュラーな方法としては挙げられます。除去する範囲を最小限に抑えることで、後遺症などが起きにくいというメリットがあります。また、不安定になった脊柱管を広げる方法や器具を用いて固定する方法も広く行なわれているのです。